海外は日本より素晴らしいのか

スポンサーリンク

海外かぶれ

よく短期留学帰りの人から、

・海外ではこうなってる、日本も見習うべき。
・海外では今これが流行ってる、日本は遅れている。

系の意見を聞く。

例えば、海外ではハグとかするの普通!友達なら当たり前!日本人はシャイ過ぎ!

とかいう人がいる。

ひとまず、
「おまえの行った国だけだろ、海外ってひとくくりにすんなよ」
「じゃあお前は海外で暮らせよ」
と言うとして、こういう人は自己承認欲求が高いだけのただの海外かぶれなので相手にする必要はない
しかし、あえて反論すると、

何で海外が正しい前提でしゃべってるの?

と言いたい。

こういう人はなぜか海外が絶対に正しいとして日本を否定してくる。彼らに出会ったら聞いてみるといい、「何で海外のそのやり方が良いと思うの?」と。
彼らの、自分の経験したことを肯定しようと全力で頑張る姿を見ることができるだろう。

彼らの中では、何故か

自分の経験した海外 = 絶対正しい

が成り立っている。

何とも薄い人間だ。それぞれの国には歴史と共に築き上げられてきた文化があり、本来比べられるものではなくどちらも尊重されるべきものだ。論理的な思考がまるでできていない可哀想な人なのはしょうがないが、せめて自分の国を批判するのはやめよう。

自分の国を批判するほど悲しいことはないと思うよ。

街並みや景色が綺麗は本当か?

僕は今までヨーロッパと北アメリカの中の3か国しか行ったことが無いが、一応それぞれで観光地には足を運んでおり、石畳の立派な街並みやアルプス山脈も見てきた。

そこでTOEIC200点台なりに思ったのは、

どこの街並みもほぼ一緒じゃん。

ということ。

大抵どこも、石畳の道に石やレンガの建物が並んでいるだけである。個人的には3日で飽きた。
建築関係の勉強をしている方なら、地域や年代別の違いを楽しめるのだろうが、そうではない普通の人にとっては、あれはどこも同じ街並みである。

アルプス山脈の壮大な景色も、正直すぐ飽きる。

なんだろう、これは僕の問題なのかもしれないが、山が高いからと言って別に感動したりはしない。あれは何メートルくらいだろうか?6000メートルくらいあるのかな?などと思ったりするくらいである。

スリに気をつけなきゃいけない国が良い国なのか?

海外旅行に行ったことのある人にとっては当たり前の話だが、特定の国ではスリ等の犯罪に細心の注意を払わなければならない。国によっては、到着した直後の空港の中で観光客に対して親切な現地人を装って近づいてくる詐欺師もいるらしい。

僕は純粋に思う。

観光地とはその国のいわば顔である。国の観光産業を担っているわけだ。
その顔である観光地で、財布がスられないように絶えず気を付けて過ごさなければならない様な国が、ほんとに良い国なの?

観光ガイドやWebサイトでもよく書いている。
「この地区は比較的安全です」
「この通りは安全です」

いや、安全なのは大前提なんですけど!

もちろん、日本の東京は安全な都市ランキングで世界No.1なので、それと比べるとどの国も危険という事になる。これは日本が凄すぎるだけなのかもしれない。

また、危険なのはわかっているけど、それ以上に行きたい・見たい場所がある!という場合もあるだろう。ただ、犯罪に巻き込まれるリスクを上回る目的があるのだろうか?と思う。少なくとも、個人的には観光程度では割に合わない。

これは実際に北アメリカ、ヨーロッパの内の3か国に行ってみて思ったことだが、日本と比べて街中に圧倒的にヤバイやつが多い。整備されたオフィス街はそんなことはないが、ほんとにそこから1本裏に入っただけで、もうヤバイやつに遭遇する。

明らかに風呂に入っておらず、見た目がボロボロ。なのにこっちにやたら話しかけてくる。とにかくハイテンションで話しかけてくる。でも目は決して笑っていない。

正直、仕事じゃなければどの国も2度と行きたくないと思った。

「美人やイケメンが多い」は本当か?

これは完全に僕の感覚の話だし、3か国しか経験してない意見なので全く参考にしなくていいが、個人的には一番重要である。

僕の感覚としては、綺麗な女性の割合という意味では、日本の方がかなり高いと感じた。海外はとびぬけて美人だったりスタイルの良い方がいるが、街中ではほぼ見なかった。

一方、日本では街中でも結構美人をお見かけする。

しかし、男性に関していうと、正直イケメンはめっちゃ多い。
街中に、映画で見る様な俳優クラスのイケメンがわんさかいる。調子のいい時には、マジで5人に1人くらいの割合で俳優かモデルか、というレベルのイケメンとすれ違う。

女性の方が海外旅行が好きなのも頷ける。

これは、 2018年の男女別、年齢別の日本出国者数(JTB総合研究所作成)の表である。

注目して頂きたい。15~29歳までは、男性より女性の方が海外に行っている。
しかも、20~24歳という女性としての輝きに磨きがかかっている年齢層では、117万人と男性(56万人)の2倍近くが海外に出かけている!

この現実。

もちろんこのデータだけで言うことはできないが、一度海外であのイケメンパラダイスを経験した女性たちは、海外信者になってしまうのではないだろうか。男性も想像してみてほしい、5人に1人が新垣結衣さんレベルの国を。

海外サイコー!!!

となるだろう。